fbpx

熱血!高知の若手税理士 白川浩平税理士事務所

先輩インタビュー【富永裕徒】

現在高知大学4回生・アルバイト(2022年春新卒内定)

Q:富永さんは理系の学生さんですが、なぜ畑違いにも思える税理士事務所で働こうと思ったのでしょうか?
富永:『以前から知人に会社経営をしている方がおり、税理士という職業について聞いていまして興味を持っていました。今回、就職活動において自分自身のことを見つめ直し、自分にどういう仕事が向いているのかと考えた結果、人と密接に関わる仕事で、人の役に立てる仕事であること、確実にコツコツと仕事をすることが成果に結びつくという点に魅力を感じました。』

Q:他にもっと規模の大きな税理士事務所もある中で、なぜこの事務所を選んだのでしょうか?
富永:『当初は他の事務所も色々検討してみましたが、白川税理士事務所のウエブサイトを見て、他の事務所にはない自由で色々なことに挑戦させてもらえる点に魅力を感じ、自分もここで働いてみたいと思いました。』

Q:実際にインターンシップをして職場体験をされていますが、いかがでしたか?
富永:『原則残業がないところなど、正直ウエブサイトを見ただけでは本当なのかなと少々不安でしたが、実際に事務所体験をする中で、ウエブサイトに書かれていることが本当なんだと確認できたことが大きかったです。またインターンシップを通じて、実際のお仕事ぶりを体験することができ、お客様とどのような信頼関係を築き、どのようなスタンスで仕事に取り組まれているかを体験できたのも大きかったと思います。』

Q:代表の白川と話をしてみていかがでしたか?
富永:『白川先生は、すごくお話しがしやすい気さくな方で、自分の話もよく聞いて下さった上で、色々とアドバイスをを言ってくださいました。色々とお話しをさせてもらう中で、今後のビジョンや夢など、また自分自身のこれからの取組みや将来についても熱心にお話ししていただき、こういう環境の中で仕事をしてみたいと思うに至りました。』

Q:白川事務所は小規模な事務所ということで、不安に思うことはなかったですか?
富永:『事務所訪問をするまでは、正直大丈夫なのかなという不安はありました。ただ、実際にスタッフの皆さんのお仕事ぶりを拝見し、白川先生とお話しさせていただく中で、大きい組織の中で制約のある中でやるより、自分の努力次第で成長でき、色々なことにチャレンジできる自由な環境の中で仕事をする方が、自分自身の早い成長にも繋がるのではと思えました。よし、ここで頑張っていこうという気持ちになりました。』

Q:内定が決まってからの具体的な取り組みについて教えてください。
富永:『全くの未経験で基本的な知識もありませんでしたので、まずは6月の日商簿記2級の試験を受験しました。今年の夏からは、本格的に税理士試験に取り組み、今後2年、長くても3年で税理士資格を取りたいと思っています。現在は、まだ大学4年生なので、学業の合間にアルバイトをさせてもらいながら、徐々に税理士事務所の実務を勉強させてもらっているところです。』

Q:それでは最後に、富永さんの今後の目標を教えてください。
富永:『最終的な目標は、白川先生のように、日々勉強し自ら成長することで、お客様と同じ目線で、経営者の良き伴走者となることです。お客様に必要と思っていただける存在になりたいと思います。将来自分の人生を振り返ったときに、悔いのないようにしておきたいという思いがあります。そのために今できることを精一杯一つ一つこなしていくことが、自分ができることかなと考えています。これからも一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします!』