白川浩平税理士事務所

インターンシップはこちら
エントリー・お問い合わせ

SDGsの取組

当事務所におけるSDGsへの取組

sdgs一覧

1 ペーパーレス化

当事務所では、2021年春より本格的なペーパーレス化に取り組んでまいりました。

これまで大量の紙を印刷して保管していた書類を、その大部分をクラウドストレージを活用して電子データで保存し、必要に応じて画面上で確認することとしました。

印刷に伴って発生していた紙・印刷トナー・電気代の節約により、地球環境にやさしい事業運営を実現することができました。

また、車を運転して資料回収に伺っていたところもありましたので、ガソリンや排ガスの減少などにより、微力ながらエコな企業活動にも繋がっています。

2 在宅ワーク導入

さらに2022年より、一部在宅ワークを導入しました。

例えば、月曜日と金曜日を在宅ワークとすることで、事務所へ出社するのは実質週3日だけとなったスタッフもいます。

遠方より片道2時間かけて通勤していたスタッフにとっては、一日4時間×週3日⇒一週間で12時間の余裕時間が生まれたことになります。

これは、一か月では48時間、年間ではなんと576時間≒24日間!もの時間を生み出したことになります!

さらに、通勤日が減ったことにより、通勤の際のガソリンが削減され、地球にやさしい経営活動に繋がっています。

3 ワークライフバランスの追求

ペーパーレス化によるもう一つの効用は、業務効率化に繋がったことです。

例えば、これまでお客様への訪問時に、過去の決算書の数字を確認したいときは、一度事務所へ戻ってから確認する必要がありました。

書庫のファイルを確認し、改めてお客様へ連絡するというように、手間と時間がかかっていました。

今では、出先でもスマホでデータにアクセスすることで、すぐに必要な書類を確認することができ、直ぐにその場で仕事が完結できるようになり、仕事も持ち帰る必要がなくなりました。

また、お客様にとっても、すぐに問題が解決しますので、顧客満足度にも繋がっているかと思います。

仕事の効率性を向上することで、少ない時間でより多くの仕事をこなすことができ、全体的な生産性向上を達成することが出来ています。

また、在宅ワーク導入により、個々のスタッフの生活にも余裕が生まれ、仕事とプライベート両方が充実した、より豊かな生活を送れるようになっています。

4 育児休暇・育児休業の宣言

「子供を生み育てやすい環境づくり」に向けて、育児休暇・育児休業が取りやすいように、上記のような取り組みを行うことで、スタッフ同士で仕事の引継ぎをしやすい環境、在宅勤務を取り入れることで、戻りやすい環境づくりをしています。

DOC220719-20220719160905

令和4年7月19日に、こうちSDGs推進企業として、
高知県より認証を受けております。

a9ba9221bd85fc56e0850b4f219c5c8d