白川浩平税理士事務所

インターンシップはこちら
エントリー・お問い合わせ

仕事への取組み姿勢

■1『人間力』を磨き、経営者の良き伴走者を目指します

ITの進化により、これまで会計事務所の主な業務であった記帳代行や税務申告書作成業務は、AIにとって代わられ、数年後にはなくなる仕事だと言われています。一方、人間的なコミュニケーション能力を要する仕事は今後もなくならないと言われています。
そのためには、日々の生活の中で常にアンテナを張って自分の中の情報の引き出しを一杯にしておくこと。お客様とお話しする中で、お客様の悩み事・お客様にとって必要なことを敏感に読みとり、共感し、自分の引き出しの中から解決策をいくつ取り出すことができるか?を常に真剣に考えていること。マニュアルに沿った画一的な対応ではなく、臨機応変に、柔軟に、細やかな気配りをしながら、お客様である経営者と一緒に汗をかきつつゴール目指して一緒に走る『伴走者』でありたいと思います。
お客様との打ち合わせの中で、何回『ワハハ!!』と一緒に笑いあうことができるか?ということも白川的にはとても大切にしています(笑)。『人間力』を磨くことで、これからもお客様から必要とされる人材であり、会計事務所でありたいと思っています。

■2 お客様の会社を伸ばすための積極的な提案をします

当事務所は、会計処理・税務相談・決算申告書類作成などの税理士事務所の基本業務だけでなく、ウエブマーケティングなどの集客方法や、将来を見据えた中長期的な経営戦略まで、お客様の会社を伸ばすためにできることは何かを常に考え、積極的に提案をすることに重点を置いています。お客様から『教えてもらってよかった』『役に立つ』と思っていただけることを仕事の喜びと考えます。具体的には、下記のようなことに力を入れています。

①バックオフィス業務の効率化

最新のデジタル技術を取り入れながら、お客様のバックオフィス業務効率化を積極的にサポートします。中小零細企業においては、社長やその奥様が経理や給与計算などの事務を兼任していることも少なくありません。しかし、このような事務作業に社長の時間を費やすのは本当にもったいないと考えます。まず会社のバックオフィス業務を効率化することで、社長が『社長業』に専念できる環境を整えます。
また、少子高齢化の我が国においては、人材不足の流れは今後も変わることがありません。せっかくチャンスを掴める機会がありながら、人手不足のためにあきらめなければならない、事業拡大を保留しなればならないとなっては本末転倒です。確保できる人員が少なくても業務に支障が出ないように、社内の情報共有を効率化して『情報の見える化』を進め、バックオフィス業務効率化を進めることでよりスムーズな会社運営ができるようにしておく必要があるのです。我々会計事務所は、まずお客様の業務効率化を推進することで、会社の成長に貢献します。

②集客・マーケティングの提案

会計事務所にマーケティングなんてできないよ!なんて思うなかれ。どんな商売でも、まずお客さんを集めないことには始まりません。開業独立したてのお客様や、老舗企業でも、常にマーケティングは絶対に必要なものなのです。待っているだけではお客さんはやってきてはくれませんから、積極的にこちらから『種まき』をすることが大切です。種まきも1つだけすればいいというわけではなく、色々複数やっていく中で、それぞれが全体として相乗効果を出していくものです。また数回やって終わるのではなく、地道に継続してやり続けることも大事です。また時代の流れによって有効な手法も変化していきますから、その時々の時代の流れに乗って柔軟に対応することも重要です。
とはいっても、社長一人で孤独な戦いを続けるのは大変です(経営者は本当に孤独なものです)。そこで我々が定期的にお会いする中で、どんなことに困っているのか?何が問題なのか?問題解決のためにできることは何か?をヒアリングし、いつ・どこで・何を・どのくらい・どのように・いくら位かけてやるのか?を具体的に計画します。そして実行後の結果を分析し、うまくいったこと・うまくいかなかったことを冷静に認識し、その改善策として何をするのか?を何回も何回も社長と一緒に汗をかきながら、繰り返し考え実行していくのです。社長の目標や夢に向かって、一緒に汗をかきながら走る伴走者として貢献します。

③資金調達のお手伝い

会社の成長のためには、資金が必要です。成長段階の会社ほど、資金は必要だが、なかなか銀行から希望する融資を引き出すのは難しいものです。そこで我々が、事業計画書や資金繰り表などの作成をサポートし、また金融機関との橋渡し役を担うことで、お客様がスムーズに資金調達をするためのお手伝いをします。また、設備投資や宣伝広告費、業務効率化のためのITツール導入のための負担を軽減するために、各種補助金などの情報にもアンテナを張り、お客様に活用していただけるように提案や事業計画書作成などのサポートをしていきます。

④中長期の将来を見据えた経営計画

今はうまくいっていても、今後商売がずっと安泰である保証はどこにもありません。常に時代の流れを敏感にキャッチして、臨機応変にスピード感をもって会社の舵取りをしていかねばなりません。今後5年後・10年後を見据えたときに、どのようにしていけばよいのか?そのためには今何をするべきなのか?をお客様と一緒に考えていきます。また、経営者が高齢である場合には、事業承継・相続対策も進めていかなければなりません。目先のことだけでなく、もっと大きな視点でお客様の会社経営を俯瞰し、時には第三者だからこそ言える率直な意見を申し上げることも必要かもしれません。

ずいぶん偉そうなことを書きましたが、一担当者として、わからないなりにも、真摯ににお客様に向き合い、知恵を絞って一緒に考えてあげることが大切だと思っています。また、まず我々が率先して日々学び・成長し、お客様のお手本となることで、自然とお客様の成長にも貢献できるものと考えています。

お客様である経営者が、安心して前を向いて走っていけるように、一番身近な相談相手として、社長の夢のゴールに向かって走る良き『伴走者』でありつづけること。それが私たちのあるべき姿であると考えています。

■3 プライベートも一生懸命充実する!

プライぺートも充実することで、よい仕事ができると考えます。
仕事をきちんと余裕をもってこなしていれば、有給休暇も積極的にとってもらっています。
長期の休みをとって山登りや、海外旅行に行くのもいいですね。
サーファーなら、『今日は台風のうねりで波がいいからお休みさせてください!』というのもOKです(笑)。
休んでも問題なく業務が回るように、普段から前倒しで段取り良く仕事をこなしておくことが必要なのはいうまでもありませんが、責任をもって休みます!と言えるのであれば、事務所としてもあなたのライフワークを積極的に応援したいと思います。